ごはんジャパン 日本料理の匠・小林雄二

2019年5月18日(土)放送の「ごはんジャパン」は、桜鯛を取り上げます。

桜鯛とは真鯛のことで、今の時期では特に"桜鯛"と呼びます。
佐賀県唐津市で獲れる天然真鯛の漁を紹介します。

魚を囲むように一周させた網を狭めていく、伝統漁です。

玄界灘で採れた脂ののった真鯛を使って料理を紹介してくれるのは、和食の匠・小林雄二さんです。

小林さんは1976年生まれの44歳です。
料理人小林辻調理師専門学校を卒業後、吉兆で修業し、その後東京の和食店で経験を積んで、六本木に店を開きました。
2016年に新宿区荒木町に移って現在に至っています。
店の名前は「青華 こばやし」で、最寄駅は四谷三丁目駅・曙橋駅となっています。
荒木町の車力門通りの角にあります。
店主の小林 雄二さんがひとりで営んでいます。
完全予約制で1日3組の限定となっています。

ミシュランの星1つを獲得し、予約の取れない店として有名です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://linkm4.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする